アキュエラ 水素水 7.0 スポーツ

アキュエラ水素水7.0とスポーツ

「アキュエラ水素水7.0はスポーツとどんな関係があるの?」
と思うかもしれません。

 

アキュエラ水素水7.0=高濃度の水素水として有名な水素水です。
つまり、水素がたくさん含まれているということ。

 

水素が体の中に入ると何をするかというと
体の中で発生した活性酸素を無毒の水にして
体のそとに出してくれます!

 

水素の効果は理解できましたか???

 

ではでは、スポーツをすると体にどんな変化が起きるのでしょうか?

 

アキュエラ水素水7.0とスポーツの関係とは・・・?

 

スポーツをすると、筋肉と心臓がたくさん頑張ってしまいます。
たくさん頑張ると、もちろん、エネルギーを必要としますよね?

 

私たちの体は、何をするにしてもエネルギーが必要です。

 

そのエネルギーを作るためには、酸素が必要不可欠です。

 

しかし、酸素を使うとどうしても使った酸素の2%は
活性酸素になってしまいます。

 

活性酸素は、体を細菌や異物から守ってくれる働きもあるんですが
それ以上に、私たちの体の正常な細胞を攻撃して
傷つけてしまいます。

 

傷つけられた細胞は、

 

機能停止・消滅・ガン化

 

のどれかになってしまいます。

 

つまり、活性酸素は私たちの体には、厄介な物質なんですね。

 

スポーツの分野で説明すると

 

細胞の機能停止は突然の心臓麻痺なんかが
これにあたります。

 

スポーツをすると、心臓がバクバク言いますよね?

 

「私、恋でもしているのかしら???」

 

なんて思う方はいないと思いますが(笑)

 

心臓が頑張って全身の筋肉に血液を送るために
心臓ががんばっている証拠ですよね?

 

そうすると、心臓でたくさんのエネルギーを使います。

 

エネルギーを使えば酸素ももちろん大量に
使います。

 

酸素を大量に使えば、使った酸素の2%は
絶対に活性酸素になってしまいます。

 

その活性酸素は、心臓の正常な細胞を傷つけ
心臓をダメにしてしまいます!

 

それが、スポーツ時における、急な心臓まひの
原因ではないか?

 

と現代の医療では言われています!

 

 

その救世主として、注目を浴びているのが

 

水素水!

 

なんですね。

 

 

水素は宇宙一小さい物質なので、心臓の中にも
簡単に入ることができます。

 

心臓に入った水素は、スポーツ時に生まれた
活性酸素を効率よく水にしてくれるので
スポーツ時の心臓まひを防いでくれる可能性があります。

 

心臓以外にも筋肉もスポーツの時に頑張って働いていますよね?

 

となると・・・

 

 

筋肉でも大量の活性酸素が生まれている!
ということになります。

 

 

つまり、筋肉の細胞が活性酸素に傷つけられている
ということなんですね。

 

 

筋肉の細胞が傷つけられたのが、筋肉痛や筋疲労として
私たちの脳に認識され

 

「痛い」
「疲れた」
という感覚として私たちの体に現れます。

 

ここでも、水素水が活躍してくれます

 

水素水を飲むと、筋肉に簡単に侵入し
筋肉で生まれた活性酸素を無毒の水にして
くれます。

 

活性酸素に筋肉が傷つけられるの減るので
スポーツ後の筋肉痛が楽だったり疲労が楽だったり
します

 

これが水素水とスポーツの関係です!