アキュエラ 水素水 7.0 肝臓

アキュエラ水素水7.0と肝臓の関係って???

「血液検査したら肝臓の数値が・・・」
「最近、呑み過ぎてるし、肝臓が心配だな・・・」
と心配になることってありますよね。

 

肝臓は、全身を巡った血液が一回、肝臓を通って
キレイにされます。 これが解毒作用ですね

 

解毒されるものは、アルコール、薬、老廃物など

 

解毒作用の他には、脂肪や糖を使える形にして、貯蔵し
エネルギーが必要な時にすぐに使える形にして
貯蔵しておく。これを代謝といいます

 

もう一つの働きとして、胆汁の生成と分泌があります。

 

肝臓でろ過した老廃物を胆汁として、十二指腸に流します。
この胆汁は、脂肪の消化吸収に役立ちます。

 

と、肝臓の機能はとても大事な働きをしています。

 

「じゃあ、肝臓がこわれるときってどうゆうとき?」
と思うかもしれません

 

 

肝臓が壊れるとき

 

肝臓が壊れるとき・・・

 

それは・・・

 

肝臓ががんばり過ぎてしまったとき
に肝臓は壊れてしまいます。

 

 

つまり、解毒作用でいえば

 

アルコールや薬を大量に飲んだとき

 

肝臓でアルコールや薬を処理できなくなった時に
肝臓は頑張り過ぎて壊れてしまいます

 

 

代謝でいえば、糖・タンパク・脂質をこれまた
取り過ぎてしまったときに肝臓は頑張っています。

 

「でも、頑張り過ぎるとなんで肝臓が壊れちゃうの?」
と不思議に感じるかもしれません

 

 

何となくがんばりすぎたら壊れることは理解できますが
その原因ってなに??
と。

 

それにはしっかりとした理由があるんです!

 

 

その理由とは・・・

 

 

アキュエラ水素水7.0と頑張っている肝臓との関係は???

 

 

肝臓ががんばり過ぎると壊れてしまう理由・・・

 

 

それは・・・

 

活性酸素

 

 

「活性酸素???」

 

 

活性酸素とは、私たちが生きていくうえで必要な酸素を
エネルギーに変えるときに生まれる物質です

 

 

活性酸素は、私たちの正常な細胞を壊してしまう
なんとも嫌な奴なんですね。

 

その活性酸素は、私たちの体で消費した酸素の2%が
活性酸素になってしまいます。

 

で、

 

 

がんばり過ぎているところ=エネルギーがたくさん必要=酸素をたくさん消費
=活性酸素いっぱい!!!

 

 

ということなんです。

 

 

つまり、アルコールや薬を大量に飲んでしまうと
肝臓ががんばります

 

肝臓ががんばるということは、大量のエネルギーが必要になります

 

大量のエネルギーが必要になるということは
酸素の消費も増えます。

 

酸素が消費されればされるほど
活性酸素が大量に生まれることになります。

 

生まれた活性酸素は、肝臓で暴れまわり
肝臓の細胞を壊してしまいます。

 

肝臓の細胞が壊れれば
肝臓の機能が低下してしまいます

 

肝臓の機能が低下して、肝臓がもうだめな状態が

 

 

肝硬変や肝がん
ということですね。

 

 

なので、アルコールや薬は最低限にしましょう!

 

ということを言いたいわけではなく
活性酸素を取り除ければいいわけなんですね♪

 

 

その活性酸素を効率よく取り除いてくれるのが

 

水素水なんです。

 

 

水素水は、肝臓で生まれた活性酸素とくっついて
無毒の水になり、体の外に出ます。

 

そして、大量の活性酸素が生まれるということは
そのぶん水素も必要!

 

ということ

 

アキュエラ水素水7.0は、水素水の中では
最高濃度の7.0ppm

 

 

つまり、水素がたくさん入っているということ。